IMG_2807-2

外部の参加者を呼んで一緒に社員とランチする方法は、採用手法のひとつに使えるかも?

LINEで送る
Pocket

こんにちは、Wantedly編集部の平野です。

昨日7月27日のお昼に、ブラケットが定期的におこなっている「ブラケットランチ」に初参加してきました!

今回が初の外部の人を公募してのランチらしく(通常は毎週月曜日にみんなで集まってランチをしているのだとか)、和気あいあいとしているブラケットメンバーの輪に加わってランチをいただきました。今回は、ハンバーガーでした!美味しかったです。

IMG_2806

今回参加した人たちは自分含めて「4人」。GMOペパボの方やフリーでPR・広報をやっている方、元ブラケットのインターン生で今は東急で働いている方など、少数ながらも濃いメンバーでした。

このイベントを見つけたのは、ブラケットさんが「ブラケット ランチチケット」について投稿していたのを見つけたのがきっかけ。500円でランチチケットを購入しておいて、当日は手ぶらで参加するだけ。


「みなさん、普段どんなことやっているんですかー?」「◎◎さんと知り合いなんですね!」という仕事の話や、「塚原さんの生誕祭の投稿見ました!」みたいな仕事とはちょっと関係ない話まで(笑)。とてもラフな感じで、とても楽しかったです!

IMG_2822

「みんなでランチ」も一種の採用手法になりそう

こういう「ランチチケット」(ブラケットさんの場合、自社サービス)を使って、一緒にランチをすることは、一種のリクルーティングにもなるかもしれないな、と思いました。「話を聞きに行く」と同じような概念で、「一緒にご飯を食べる」のような概念もあってもいいんじゃないか、と。

もちろん、「来た人を必ずリクルーティングする」というわけではなく、ゆるくメンバーと話す時間を持って、会社の雰囲気を知ってもらうことが目的。あとは、ランチなら外部の参加者も気軽に行けますし、普段話したことのない人と話す機会があるのは自社メンバーにとってもいい刺激になるかなと思います。そもそも、ご飯はみんなで食べた方が楽しいですから(笑)。

IMG_2825-2

すぐに結果につながるとは限りませんが、いきなり面接からの接点よりも確実にランチからの接点の方が、会社の中のことを知ることができるはず。こんなふうに、STORES.jpでアカウントをつくって、ランチチケットを販売して、外部の人たちを呼ぶイベント、いいかもしれないなと思いました。

ちなみに、ブラケットはドッグフーディングが多く、これまで何回か自社サービスを使ったイベントを行っています。

Member Store
ブラケットの福袋
ブラケットの書き初め

(※ドッグフーディング : 自社製品を社員が日常的に利用して、製品の問題点をチェックすること。)

また、今日初めて聞きましたが、2015年7月現在、30名ほどのメンバーのうち、約半数をWantedly Admin経由で採用できているのだとか!すごい。

来月開催の際にはまた告知をするそうなので、興味がある人はぜひ次回参加してみるといいかもしれません!

 

(ちなみに、#ブラケットみんなでランチ で検索すると、これまでのランチ写真が見れますよ)

LINEで送る
Pocket