悩む女性

人事のネタ帳!採用の幅を広げるためのWebサイト10選

LINEで送る
Pocket

採用を取り巻く環境は日々大きく変動しています。
従来型の面接中心の採用だけでなく最近はSNSを活用したソーシャルリクルーティングなど一昔前には考えられないような選考方法も生まれてきました。

採用はまさに企業にとって将来の業績に大きく影響する重要なものです。
そこで今回、最新の採用動向に乗り遅れないように採用担当者ならチェックしておきたい10のWebサイトを紹介します。

1:日本の人事部


■URL:http://jinjibu.jp/

(株)アイ・キューが手がける国内最大級の人事・採用・教育研修などのナレッジコミュニティサイト。

専門用語の詳しい解説、各界著名人のインタビュー記事、Q&Aによる実務の解説、セミナー・講演会の企画・案内、各種フォーマットなどコンテンツが盛り沢山で、人事担当者の心強い味方となります。HR業界のプロッフェッショナルが多数会員登録しているなど、信頼度も高いサイトです。

2:総務の森


■URL:http://www.soumunomori.com/

オフィス通販の(株)カウネットが運営する日本最大級の総務コミュニティサイト。

総務・人事のあらゆる業務に関する専門家の解説、関連コラム、関連資料が閲覧できます。また業務に必要な労務書式・経理書式などの無料ダウンロードも可能です。

総務・人事について幅広い理解を得られるサイトとして、月間100万件を超えるアクセスがあります。

3:jin-jourジンジュール


■URL:http://www.rosei.jp/jinjour/

労務時報を編集する労務行政研究所が運営する人事・労務のポータルサイト。

「ヒト」と「ボンジュール」を掛け合わせた「ジンジュール」という名前の通り、人と会社の共感性を重視したサイトです。採用活動におけるすべての実務について、専門家による詳しいチェック解説がされており、採用実務の手引書としても活用できます。

各界の有名人や経営者のインタビューや多彩な事例研究なども充実しいるサイトです。

4:HRM2015進化する人材採用


■URL:http://www.vpw.co.jp/hrm2015/

(株)ビューポイントウエアのサイト。動画面接・動画選考といった新しい採用選考の提案、ソーシャルリクルーティングの有効な活用法など最新の採用について解説しています。

2016年度卒採用からの大幅な採用スケジュールの変化に合わせ、その環境予測と対策について詳しく触れており、今後の採用動向を知る上でも非常に参考になるサイトです。

5:リクルートマネジメントソリューションズ


■URL:http://www.recruit-ms.co.jp/

(株)リクルートマネジメントソリューションズのサイト。組織マネジメント・人材育成などに関連する様々な研究・調査データ、専門家による分析などが閲覧できます。

採用プランを構築する上で、業界動向や採用環境の分析は欠かせません。HRビジネスの老舗として豊富なノウハウと実績があり、人事担当者にとってはまさに情報の宝庫と言えます。

6:リクルーティングの世界


■URL:http://www.social-recruiting.jp/

(株)Groovesが運営するサイト。

IT業界をメインに、転職エージェントと求職者とのマッチングサイトを中心に事業を展開しており、サイト内にはリクルーティングについての記事・コラムなどが充実しています。

特にIT業界・エンジニア採用を軸にしており、該当業界の担当者の方にはお役立ち情報満載のサイトと言えるでしょう。

7:新卒採用の手引き


■URL:http://saiyo-tebiki.com/

(株)Ponnufが運営する、新卒採用担当者向けのノウハウサイトです。

採用担当としての心構え、採用広報、面接・選考、内定者フォローなど採用実務の基本について詳細な解説がされています。採用実務を初めて担当する方は一度チェックしておく価値のあるサイトです。

8:ブレインズコミュニケーション


■URL:http://www.brainscom.jp/

リクルート専属代理店の(株)ブレインズコミュニケーションのサイト。

採用関連のノウハウについて詳しく解説されており、特に面接に関する内容は初心者でも読みやすいコンテンツです。
また、面接シートなど様々なツールが無料でダウンロード可能なほか、面接に関する担当者の悩みに的確に応えてくれる内容となっています。

9:人事のミカタ


■URL:http://partners.en-japan.com/

エン・ジャパン(株)が運営する、人事・採用・労務に関するお役立ち情報が満載のポータルサイト。

HR業界の最新トレンド、成功事例研究、実務フォーマット集など、すぐに使える情報が充実しているのが特徴です。
人事担当者の様々な疑問・悩みなどに対し、カテゴリ別にまとめられたQ&Aにて丁寧に解説されているので、人事担当者マニュアルとして活用できます。

10:ナビゲート


■URL:http://www.navigate-inc.co.jp/

ナビゲート(有)が運営するサイト。

人材育成・教育に関するコンテンツが充実しており、新人導入研修・OJT研修・組織活性化研修などプログラム別のお役立ち情報が満載です。
ビジネス基本用語解説、研修サポートツールや専門家による記事・コラムなども充実し、新人教育をサポートする内容になっています。

おわりに

来年度から採用スケジュールが大きく変わります。それによって選考期間は大幅に短くなり、おそらく採用難易度もより高くなるでしょう。そんな中、大切になるのはいかに最新の質の高い情報を手に入れるかです。

今回紹介したようなサイトを利用して最新の採用動向を把握して質の高い採用を目指しましょう。


(編集:サムライト

LINEで送る
Pocket