初めての【リクルーター制度】導入。さて、何をどうすればいい?

初めての【リクルーター制度】導入。さて、何をどうすればいい?

LINEで送る
Pocket

2015年3月。これまでより3ヶ月遅れて、ようやく2016年度新卒採用における企業の採用広報がスタートしました。しかし、経団連の新ルールでは、採用選考の開始時期が例年より4ヶ月も遅くなり、8月へとズレ込みます。

今、この就活の「後ろ倒し」に危機感を覚え、多くの企業が水面下でリクルーターの導入を始めているのだとか。そこで今回は、初めてリクルーター制度を採用活動に取り入れようと考えている人事の方に向けて、そのイロハについてご紹介します。

参考ページ:就活「後ろ倒し」の衝撃〜2016年度から新卒採用はこう変わる〜

リクルーター制度を始める前に

カフェでくつろぐスーツ姿の女性

リクルーターを使った採用活動とは?

リクルーターとは、自社の現役社員や内定者が自分の出身大学の研究室・ゼミ・サークルなどの後輩学生とコンタクトを取り、水面下で採用活動を行うことを指します。カフェなどで「ちょっとお話でも」という軽い感じでスタートしつつ、就活の相談に乗ったり、自社の魅力をアピールしたりして、最終的に内定承諾へと結びつけていくのです。

リクルーター制度のメリットは?

一昔前のリクルーターは、「採用広報」としての役割が強く、有望な学生がいたら目星をつけておく、ぐらいに留まっていました。しかし2016年度採用からは、水面下で早い段階から学生にアプローチできるというメリットに目をつけ、採用活動の短期決戦を避ける武器としてリクルーターを活用する企業が増えると予測されます。

また、この制度の導入には、リクルーター自身の成長にも繋がるというメリットもあります。実際にリクルーターになる社員は、学生からの様々な質問に答えられるように、自社や自分の仕事について振り返る機会を持つことになるからです。

リクルーター制度導入の手順

リクルーターの社員

誰にリクルーターをやらせるか?

基本的に、リクルーターは人事ではない現場の社員から選びます。オススメは、入社1〜5年目くらいの若手社員。学生と歳が近い方が親近感が湧き、良好な関係性を築きやすいからです。

ただ、最近は若手社員と入社10年以上のベテラン社員がペアで学生と話をする、という企業も出てきたそうです。たしかに若手社員一人だと学生も気楽に話せますが、一方で全体を俯瞰した深い話ができないという懸念もあります。そこをベテラン社員がフォローし、学生の不安解消につなげようという狙いですね。

リクルーターが付くタイミングは?

リクルーターが動き始める時期は、大きく分けて以下の3通りです。

【1】採用広報の解禁時期(3月)以前
→早くから情報収集を始めるアンテナの高い学生を狙います。

【2】エントリー開始後
→エントリーシートを提出した学生や説明会に参加した学生から目星をつけ、有望な人材にアプローチします。

【3】内々定を出した後
→内定辞退を防ぐために、フォロー役としてリクルーターを付けます。

おそらく今後は、【1】の段階でリクルーターを付ける企業が増えてくるでしょう。

リクルーターはどんな話をすればいい?

会話するリクルーターと学生
リクルーター活動を成功させるためには、学生への接し方の順番が大切です。いきなりガツガツ企業PRや勧誘をしても、引かれてしまうのがオチ。「あそこはブラック企業」という噂が学生の間で瞬く間に広がる危険性もあります。

そうならないためにも、最初はとにかく、目の前の学生と仲良くなることを目指しましょう。根掘り葉掘り質問するのではなく、まず自分の話をして安心感を与えます。趣味などのプライベートの話題を出して、相手との共通点を探るのも良いでしょう。

相手の緊張がほぐれてきたら、次に情報収集に移ります。話の内容は単に合否の判断材料にするだけでなく、最終的にその学生を口説くためのヒントにもなるので、どれだけ情報を引き出せるかが肝です。最後はその内容を元に、相手の関心が高い情報を提供し、自社への勧誘を行い、リクルーター面談は終了となります。

継続のコツはどんどん「紹介」を頼むこと

大手企業はともかく、スタートアップや中小企業では、声をかけられる大学の後輩なんてたかが知れています。リクルーター活動をしようとしても、すぐに頭打ちになってしまうはず。そこで行き詰まらないようにするには、とにかく「紹介してもらうこと」が大切です。

まず1人の学生と面談する機会が持てたなら、その学生に他の就活生を紹介してもらえるように頼みましょう。頼まれた相手は、それも自分の評価に関わると考えるので、あまりにも自社に合わなそうな人物は紹介しないもの。したがって、マッチング度が高い学生に会える確率が高くなります。

そうやって「紹介してもらった人に、また次の人を紹介してもらう」ことを続ければ、1人の学生から5人、10人と輪が広がっていくでしょう。

おわりに

CONTACT
Photo by Paladin Zhang

インターンシップと共に、リクルーターの導入が今後活発になってくることはほぼ間違いありません。就職ランキング上位の超人気企業ですら、その「攻め」の採用活動を行うことが予想されます。

そんな中、ブランド力の乏しい企業が通常のオープンエントリーだけで採用活動を済ませようとするのは、RPGゲームで何の装備を持たずに戦うようなもの。採用活動の大幅短縮という荒波を乗り越えるためには、それなりの工夫が必要なのです。

(編集・執筆:サムライト
wantedly_banner

LINEで送る
Pocket