fortravel

Wantedly Adminで社長経験者を採用!フォートラベル株式会社が行った「いきなり社長面談」スタイルの効果とは。

LINEで送る
Pocket

今回訪問したのは、「旅行者に旅行をとことん楽しんでもらいたい」という想いから、旅行のクチコミと比較サイト「フォートラベル」や「NEWS for Travel」を運営している、カカクコムグループの「フォートラベル株式会社」。採用担当者の神田 寛さん(写真左)と、Wantedly Admin経由で入社した横山 義之さん(写真右)にお話を伺いました。

応募者の「人となり」を最初の段階で見ることができる

4travel01
採用担当者の神田さん


–様々な採用媒体がある中で、Wantedly Adminを使っていただいている理由を教えてください。

神田: Wantedly Adminは他の採用媒体とは違って、お会いしたときに「人となり」を見る面談スタイルなので、会社にマッチするかどうかを早い段階で確認できるからです。

いわゆる面接だと、履歴書をお預かりする以上、学歴や職務経歴を中心にスキルをしっかり見て判断しないといけませんし、応募者側としても自分は何者なのかをしっかり伝えて会社のことを隅から隅まで調べていかないといけないため、応募までのハードルが高くなかなか会えないことがネックでした。それに、会社と応募者のマッチングよりは自分の職務経歴に合った職を探している方が多いので、いきなり面接だとその人の性格や趣味まで見えづらいのが悩みで…。

逆にWantedly Adminの場合、そこまで調べてこなくても応募側は多少『受けのスタンス』で気軽に話を聞きに行けるので、「肩の力を抜いてざっくばらんに話してください」と言えるのが良いですね。

それに、業務や職務経歴をしっかり聞くことは大切ですが、そこに固執してしまうと、私たちと応募者とのつながりがその場だけになってしまう気がするんです。それよりも、今勤めている会社で行き詰まりを感じて次の仕事を探そうかと考えたときに、以前Wantedlyで話したフォートラベルがよかったなと思っていただけるようになりたいと思っています。Wantedly Adminは、長期的なつながりをつくることに一番適していると感じています。

お金以外の「何か」で仕事を探したかった

4tavel02
今回Wantedly経由で入社した横山さん


—横山さんは、どういう経由でフォートラベルさんに応募したのですか?

横山:いきなり社長面談」という募集スタイルが面白かったからです。実は応募当初、フォートラベルについてあまり知らなかったんですが、「まず社長に会えます」という触れ込みで話が早そうだなと感じたので、とりあえず「話を聞きに行きたい」ボタンを押しました。

–面談の時点で社長を出す、という取り組みをしたのはどういう目的があったのですか?

神田: 当時は、Wantedly Adminを使うのがフォートラベルにとって初めてという状態で。「会社やサービスのファンづくり」という目的もありましたが、社長自身が全員と会って、Wantedly Adminで興味を持って応募してくれる方と話がしたいという要望があったので、まずは社長が表に立って、選考なしで「全員と会います」というスタイルでやってみました。

横山は、ちょうどそのタイミングで来たんです。そのタイミングで採用したのが横山含めて2人です。当時は100名ほど応募があって、本当に全員とお会いしましたね(笑)。

–横山さんは自分で会社経営をされていたとのことですが、どうして辞めようと思ったのですか?

横山: 僕はそもそも起業が目的だったわけではなく、運良くトントン拍子に進んでしまったところがあって。なので会社を成長させていく段階で社長の器じゃないなと感じていました。そういうこともあり、路線変更すべきかなと考えている中Wantedlyをなにげなくみていました。

–どうしてWantedlyだったのでしょう?

横山: 次のステップを探しはじめて、ヘッドハンターに会ったり、大きい会社に誘われたりしていたのですが、あまりピンと来る会社に出会えませんでした。なんでだろ?と考えているうちに、それはこれまでどおりの就活方法で「お金でソート」した仕事探しをしていたからだなと気づきました。お金が一番であれば、そのまま会社経営してたらいいわけで…。その矛盾に気づいた時、会社のビジョンに共感して仕事を探せるWantedlyを思い出しました。

「一緒に働いたら楽しそう」という直感を信じた

4travel03

–その後、どのようなフローで内定まで進んだのですか?

横山: 最初に代表の安永と会ったときに、規模は違えど「社長が持つ悩み」を話して妙に共感しあいました。この人面白いなと思いつつ、縁がなかったとしても、飲み友達になれたらいいなと思いました。一応、世間話だけでなく会社のビジョンやポテンシャルについても説明を受け、可能性をとても感じましたね。最後に、近々飲みに行きましょうと話して面談を終えたんですが、その一週間後、飲みに行った席に神田と営業部長の伊藤もいました。この二人もとても面白くて、この人たちと一緒に働いたら楽しそうだぞ、と直感しましたね。

–内定をもらったのはいつごろですか?

横山: いつだろう?飲み会の後、三回くらい正式な面接があり内定をもらったと記憶しています。僕も会社をたたむ手続きもあり、当初は4月の新体制でジョインする話だったのですが、「神田と伊藤が早く来い(笑)」と言うので、結局2月に入社しました。

–そのまま社長として会社を続けるか、新しい職場で社員として働くか、全く違う道だったと思いますが、悩みましたか?

横山: 入社まで何人ものフォートラベルのメンバーと話をさせてもらったのですが、みんな頭がイイ人ばかりで、僕にとって悪い話は一切ないな、あとはできることを精一杯手伝おうかなという感じで、まったく悩みませんでしたね(笑)。

そうそう、そういえば飲み会の席で、社長に「僕が考えたピースにちょうど当てはまるんです。ハハハハハ」と言われたんです(笑)。直感で、なんだかワクワクしましたね。

業務で絞るのではなく、ビジョンのベクトルに合うかを重視

4travel04

–募集を作成する上で、どんなことを意識しましたか?

神田: 当初の募集要項の文言は、フォートラベルはただ単純な旅行サイトではなく、カカクコムグループのあるべき姿である「ユーザー本位な旅行サイト」を目指しているということを前面に押し出した内容でつくりました。そのため、職種では絞らず、私たちがどういうビジョンを掲げていて、今の旅行業界の現状に対してフォートラベルは何をしていく予定なのかを意識して募集要項を作成しました。今でこそ若干職種は絞っていますが(笑)。

–面談ではどんな話をしていますか?

神田: 「旅行」に興味を持ってくださっている方と、「フォートラベル」というサービスや会社に興味を持ってくださっている方がいるので、何に興味を持ってくださったのか、という質問は必ずしています。ただ、あくまで面談なので、旅行談義をしたり、フォートラベルに関する質問をしてもらったりと、ざっくばらんに1時間程度話しています。中には、20時からの面談で旅行談義に華が咲きすぎて、いつの間にか22時くらいになることも(笑) 。

入社後はどういう業務を行う予定なのかということよりも、フォートラベルが今後どういう方向を目指しているのかに興味を持っている方が多いです。面談後に「フォートラベルさん面白いですね」って言われると嬉しいですし、会社としてもフォートラベルのビジョンを知ってもらうことで、会社やサービスにさらに興味を持ってもらえますし、話している最中で、ユーザーはこういうことを考えているのかと思わぬインプットもあるので、非常に有意義です。

初回の面談後、お互いが気に入った場合は、履歴書を送ってもらって正式に面接をしていくフローにしています。面接の際も私が出るので、話がスムーズに進み話が早いです。

職務経歴とは別の切り口で応募者を見ることができる

4travel05

–最近は、どんな方からの応募が多いですか?

神田: 契約社員やアルバイトという雇用形態で募集している経緯もあって、昔ライターをやっていて何か力になれることはありませんか?という話をいただきますね。「旅行」って資格もいらないですし、万人に受けることもあって、来る層は幅広いです。

応募していただいた方は、連携しているSNSを見ながら、その人が持つ雰囲気や旅行に関する感度が高そうかを判断して会うようにしています。特にFacebookと連携している応募者は、できるだけ見るようにしていますね。Wantedlyで連携しているSNSや、紹介文、スキルタグがついていることで、フォロワー数がすごく多い影響力のある人なのかなとわかることもあるので、職務経歴とは別の切り口で人を判断できるのはWantedly Adminの良いところだと思います。

–何より、話のネタになりますよね。

神田: そうですね。通常の面接ですと、履歴書が送られてくると、会ってみるかどうかの判断基準って写真の雰囲気と職務経歴だけじゃないですか。逆にWantedly Adminの場合は、職務経歴よりも自分は今こんな仕事をしていて、将来的にはこんなことをやりたいと思っているというイメージを垣間見れるところが良いなと思います。

ソーシャルで発信したり拡散する文化と親和性があった

4travel06

–どうやって社員を巻き込んで募集要項を拡散させましたか?

神田: 会社は今開発メンバーが足りなくて、もっといろんなことがしたいから人が必要だよね、じゃあWantedlyの募集を拡散してください、という感じでお願いしています。もともと私たちがCGMサイトをやっていることもありますし、TwitterやFacebookなどのソーシャルで何か発信したり拡散するという文化に慣れていることもあって、コンスタントに応援に協力してくれていますね。

それに、社長が人とのつながりやビジョンに合うかどうかを重視しているので、そういう意味では、人のつながりで求人するWantedly Adminがマッチしているのかもしれません。今後は、Wantedly Adminを活用している他の会社も応援し、お互いに助け合いながら良い人材を採用していきたいと思っています。

–ありがとうございました!

4travel07

インタビューの補足になりますが、横山さんは入社した2月に「新規事業開発部」に配属され、4月にリリースした新サービス「NEWS for Travel〜1記事1分で読める旅行のためのニュース」のローンチで指揮をとり、4月の新体制ではWebデザイナーを束ねる制作部部長に昇格したのだそう!。

Wantedlyを通して素敵なマッチングができたこと、大変嬉しく思います!

(写真・編集: 平野太一)

LINEで送る
Pocket